プロフィール

mamatje

Author:mamatje
ベルギー人夫との結婚を機に
ベルギーに移住。
現在在住5年目。
32歳2児(男の子)の母。
こちらに来てから私が経験した事↓
2度の出産、2度の引越し、
オランダ語学校(ILTでN5修了)、
ベルギーで結婚式、
王立国際カリヨン音楽院に入学など。
今は専業主婦しながらカリヨネアを目指す日々を送っています。

☆家族構成
papatje(夫)34歳
あきら(長男)5歳
えいじ(次男)3歳

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
いくつになったの
いくつになったの
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ダイエット適正占い

KireiDa
BMIチェッカー健康君
今日はどんな日?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eftelingで過ごす休日①

6月13日(月)は前日の聖霊降臨祭の翌日でPinkstermaandagと言う祝日で連休でした♪
せっかくの休みだし何する?と前々から義理姉ソフィアと相談して、
去年同じ日に行ったオランダにある遊園地「Efteling」にまた一緒に行く事にしました。

当日はいつ雨が降ってもおかしくない微妙な空模様でしたが、
傘やレインコートを準備してレッツゴー!

efteling.jpg

エントランス前です。とんがり屋根の鋭いとんがり具合に目を奪われる建物です。
入場すると、大人の私でもわくわくするメルヘンな世界が広がっています。
まずは前回子ども達に好評だったSprookjesbos(物語の森)へ。

DSC04459_convert_20110627214527[1]

去年ディズニーでも映画化されたラプンツェルの場面を再現した所。
魔女が上ったり下ったりするんですが、結構リアルな動きで気持ち悪いです(苦笑)

DSC04527_convert_20110626220438[1]

これはSprookjesboom(物語の木)というテレビアニメ番組にもなっている、
オランダ、ベルギーの子ども達には有名なこの森の主。
この木のすごい所は、木が一方的に話をするだけでなく子ども達と対話ができる事!
木の質問に対して専用のスピーカーを通して子どもが返答すると、
それに対するリアクションが返ってくるんです。
返事をする子どもの年齢や好みに応じてストーリーを選んでお話してくれます。
話をしながらそわそわ動く木の枝や根っこも妙に自然?で見ていて飽きません。

DSC04479_convert_20110625221445[1]

遊園地の雰囲気にテンションの上がる子ども達でしたが、元気なあきら&セバスティアンにも
苦手なものがありました・・・
まずセバスティアンがどうしても近づけないのはコレ↓

DSC04467_convert_20110627214257[1]

宝箱の中の金貨や宝石に手を触れると煙を吹いて迫ってくるドラゴン。
どんなに偽者だと説明してもセバスティアンは本気で怖がっています(笑)
こんな大きなドラゴンだけじゃなく、家庭にある電動式の小さなぬいぐるみにも
「噛まれる~!食べられるっ!」と泣き叫ぶ程です。
我が家にはお腹を触ると笑い転げて最後はまた独りでに直立する、
可愛いエルモがいるのですが、そんな可愛い外見のものでさえ彼にとっては脅威らしく
エルモを隠さないと彼は我が家に一歩も踏み入れません(^_^;)

k1709084733.jpg

ココをクリックすると笑い転げるエルモのYoutube画像に飛びます♪
Sprookjesbos、グリム童話の世界を再現したものばかりでなく(人魚姫、眠り姫、赤い靴、おおかみと7匹の子ヤギ、ヘンゼルとグレーテル、赤ずきんちゃん、白雪姫など)、アジアやアラビア系のお話の再現コーナーもあります。

DSC04546_convert_20110626220742[1]

ここは中国風の庭園&建物。前回入らなかったので、中はどんなものかと見てきました。
この建物の中では中国の昔話?「De Chinese Nachtegaal(中国のナイチンゲール)」のお話が見れるシアターになっていました。
物語の詳細はこちらを参照。(ちなみに「遠い国」やら「別の遠い国」という部分がありますが、
エフテリングでは全て「日本」と説明されてました。)
その話の途中で出てくる下の写真のものにあきらが怯えて途中で鑑賞ギブアップ。

DSC04557_convert_20110626221154[1]

死の淵をさまよう王様の傍に現れる死神。
あきらはこのビジュアル+暗い空間に恐れおののいて、本物じゃないからってなだめても効果なしでした。
ちなみにセバスティアンはこれは怖くなかったようです。
子どもといってもそれぞれ「怖い」基準が違う所、不思議です。。。

午前中は森散策で終了。エフテリングまだまだ広くて遊ぶ所がたくさんあります!
見る所が多くてブログに全部書ききれないくらいですが、ランチ後については次回の記事に続きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。